のびのびカナダ留学と旅

カナダバンクーバー在住の留学コンサルタントが、バンクーバーの日常生活、自然、旅、留学情報をお伝えします。

カテゴリ: ショッピング

12月26日のボクシングデー。
ショッピングモールは人で溢れ、駐車場もなかなかスペースが空かず、車が停められない状況でした。
Boxing day
コキットラムモール 

クリスマスからNew Year Dayの1月1日まで休みをとる人が多いのですが、26日のボクシングデーが法定の休日なのはオンタリオ州だけのようです。 

お店はボクシングデーとその前後の週に大きなバーゲンセールを行うので、それを目当ての客で込み合います。
boxing day2 boxing day3
11月の最終週にブラックフライデーという、やはり大きな割引セールスの日がありますが、カナダ人はボクシングデーの方をより大きなディスカウントがあると期待して待っているようです。

カナダから撤退すると発表して数カ月経つSearsも、ボクシングデーのセールスを行っていました。
boxing day4

 


カナダ留学の現地エージェント
========================================
のびのびカナダ留学 ノビックカナダ
【問い合わせ先】
E-mail: nobiccanada@shaw.ca
Website: www.nobiccanada.com
========================================


ブログランキングに参加しています。下をクリックして応援していただければありがたいです。


人気ブログランキングへ
 

バーナビーに用事があり、帰りにメトロタウンモールに寄ってみました。バンクーバーでは一番大きなモールです。
ちなみに、カナダで最も大きなショッピングモールは、アルバータ州エドモントンにあるウェストエンドモールで、モールの中に遊園地や水族館まであります。

メトロタウンでは今、日本のお店の出店が目立っています。
まずは、MUJI  無印良品
MUJI
店に入って見るとアジア系のお客さんが大半でした。MUJIは中国などアジアの国々に店があり、すでに知名度が高いのでしょう。ここバンクーバーではメトロタウンが初めてですが、トロントでは既に数店舗あります。
バンクーバーでは、ダウンタウンのロブソン通りにもまもなく出店します。

そして、その隣には、"てつおじさんのチーズケーキ"  Uncle Tetsu's Cheese Cakeが、近々開店するとの表示がありました。
Uncle Tetsu
私は、このお店の名前を知りませんでしたが、福岡に本店があり海外にもすでに何店舗か出しているようです。

そして、ユニクロも10月6日オープンです。
Uniqli tele
2フロアに店舗をもちます。
Uniqlo
日本人としては、品質のよい日本の製品を世界の人に知ってもらう良い機会になると期待しています。




カナダ留学の現地エージェント
========================================
のびのびカナダ留学 ノビックカナダ
【問い合わせ先】
E-mail: nobiccanada@shaw.ca
Website: www.nobiccanada.com
========================================


ブログランキングに参加しています。下をクリックして応援していただければありがたいです。


人気ブログランキングへ



 

4月1日水曜日、BC州のスーパーマーケットでワインの販売が開始されました。

といっても、まだSouth Surrey 152nd Streetの"Save-on Foods"、一店舗だけです。 BC州地元産のワインだけに限って販売しているようです。

SOF
 (写真注:152nd Street店ではありません)

カナダでお酒を買う不便さについては、以前ブログにも書きましたが、BC州の酒類販売に関する法律が変わったことにより、スーパーマーケットでもお酒が販売できるようになったようです。 州政府の担当者が私のブログを読んでくれたのでしょうか。(笑)

さらに、現在主な酒類販売店である "BCリカーストア" も営業時間を延長したり、日曜日営業していない店が営業するようになったり、冷蔵庫で冷やしたビールの販売を始めたり(そう言えばBCリカーストアでは冷えたビールは現在売っていません)、営業が改善されます。

酒好きにとっては、朗報です。

今後地元ワインだけでなく世界のワインやウイスキー、ビールなど他の酒類も販売されていくのか、いつ他のスーパーマーケットにも展開され販売されていくのか、詳しい内容は発表されていませんが、早くアメリカや日本のように、食品や雑貨を買う同じ店で、同時にお酒も買えるようにしてほしいですね。



ブログランキングに参加しています。下をクリックして応援していただければありがたいです。


人気ブログランキングへ

 

マヨネーズ
やっぱりこれは日本のマヨネーズが一番!と思っている方は多いのではないでしょうか。
我が家には”若いマヨラー”がいる事もあり(笑)絶対”日本のマヨ派”です。

バンクーバーにも数種のマヨが販売されていますが、殆どの商品が瓶・プラスティック容器にボン!っと入った物です。ボトルタイプでピューっと出せるモノも少数派ながら出回っています。
北米マヨ
この北米のマヨ、どうしても馴染めません。以前「これは日本のマヨに近い」と聞いて購入してみた商品がありましたが、やっぱりダメです。オイリーで風味もない。

北米の人はこのマヨで満足しているのか?美味しいと思っているのか?これしか知らないからマヨってこんな物と思っているのか?
いやいや、マヨが嫌いな北米人を何人も知っています。美味しくないから、脂っこいから嫌いなんじゃないか?と思うわけです。

アメリカに住んでいた時、息子の友人(アメリカンな食生活で育った白人) が我が家に遊びに来た時にサンドウィッチにキューピーマヨを塗ってやったら大絶賛だったのです。

それ以来、彼は我が家に遊びに来ると「Japanese Mayo~ This is really good!」とキューピーマヨで作ったサンドウィッチをしょっちゅう食べたがったものです。

引っ越しの際、お別れに「キューピーマヨ」をプレゼント。その時の彼は多分世の中で「キューピーマヨを貰って一番喜んだ人間」ではないかというほど大喜びでした。(笑)
やっぱり、アメリカ人にもマヨの美味しさはわかるんじゃないか、と感動した思い出です。

マヨについて熱く語っていますが。。。
そんな”日本のマヨ派”が北米で日本のマヨネーズを買うとなると大変なんです。数倍の価格だからです。

中国系スーパーではキューピーマヨネーズ$6.99   味の素ピュアセレクトは$7.29。
ある日、日本食料品店では$5.95のキューピーマヨネーズが$3.25!安い!まとめ買い!
DSC00229
売り出しの$3.25でさえ「ええー!そんなに高いのお?」と驚く方もいるでしょう。でも、これが北米マヨの現実なのです。

マヨネーズ、日本にいる時は最後絞り出せないとポイッと捨てていました。このブログを読んでいるあなたもそうではありませんか?
でも、こんな高いマヨネーズ、最後まで綺麗に使い切らないと勿体ない!と思うわけで、我が家では残り少なくなった時点で上の方にハサミでチョンっと切れ目を入れます。

そのまま冷蔵庫内に立てておけば、数時間後には綺麗に容器内のマヨが全部下に。容器を半分に切って中身をすくって使い切ります。おお完璧!

セコイと言うなかれ。北米に住むマヨラーにとっては重要ポイントなのです。







ブログランキングに参加しています。下をクリックして応援していただければありがたいです。


人気ブログランキングへ

ポテトチップスはどこにでも買えますが、このポテトチップスはBC州でしか手に入らないと思います。スナックコーナーの棚でなく、ナチュラル・オーガニックコーナーの棚に陳列されています。

袋に印刷されている写真は、このチップス生産者お薦めのBC州観光スポットで、袋の裏には写真の説明が書かれています。

袋の右上に国旗、いかにもカナダらしいデザイン。
chips2
chips
chips 1
BBQ、ヨーグルト、ナチュラルなど、味によって掲載写真が違います。ハードバイトのチップスなので少し硬いですが、個人的にはおいしいと思います。
chips 3
他では見ないユニークなパッケージ。もちろん、英仏語併記。

かさばりますが、日本へのお土産にもお薦めします。






ブログランキングに参加しています。下をクリックして応援していただければありがたいです。


人気ブログランキングへ



↑このページのトップヘ