のびのびカナダ留学と旅

カナダバンクーバー在住の留学コンサルタントが、バンクーバーの日常生活、自然、旅、留学情報をお伝えします。

カテゴリ: 健康

来週月曜日はBCデーの祝日。今日から3連休で、天気もよさそうです。

さて、北米では一般的に公共の公園など屋外での飲酒は禁止されていますが、先月からバンクーバー市、ノースバンクーバー市、そしてポートコキットラム市の指定された公園で飲酒が許可されています。

これはパイロット・プロジェクトであり、年内は指定公園で状況を観察し、公園での飲酒に問題ないと判断されれば、来年には多くの公園で飲酒が許可されることでしょう。

公園で飲酒したいという市民の要望は以前からありましたが、新型コロナウィルス感染の状況下、レストランやバーなど密室での飲酒よりは、ソーシャル・ディスタンスを取りやすい、新鮮な空気がある屋外環境で飲酒したほうが感染リスクが少ない、という考え方も、公園での飲酒解禁を後押ししたようです。

街路樹に桜が多いバンクーバーで、来年春には、日本のように花見をする光景が見られるかもしれません。




カナダ留学の現地エージェント
========================================
のびのびカナダ留学 ノビックカナダ
【問い合わせ先】
E-mail: info@nobiccanada.com
Website: www.nobiccanada.com
========================================
フェイスブックのアカウントに「いいね!」をして、応援していただけると幸いです。
https://www.facebook.com/nobiccanada/






人気ブログランキングへ

新型コロナウィルスは世界中に甚大な影響を与えており、不自由なことも多くありますが、良かったと思うことがあります。

まず、ほぼ毎日運動をしています。
Coq River3
外出制限はありますが、幸いバンクーバー郊外は歩いてアクセス可能な近所の自然公園、山や川、トレールコースはふんだんにあります。
Crystall Falls2
忙しいときにはついつい運動不足で週に1度も運動できないことも多かったのですが、体力をつけ免疫力を高めて新型コロナウィルスを撃退しようという考えも手伝って、努めて運動しています。
CF_PT
たまたま、コロナ騒動が始める少し前に、コミュニティセンターのジムやプールで3-4回身体を動かしていたのですが、閉鎖となったため、まず自転車を買って、今まで行っていなかったトレールコースを遠くまでサイクリング、川でカヤック、ウォーキング、時々無理ない程度に少し走る、など、飽きないように毎回内容や場所を変えています。





カナダ留学の現地エージェント
========================================
のびのびカナダ留学 ノビックカナダ
【問い合わせ先】
E-mail: info@nobiccanada.com
Website: www.nobiccanada.com
========================================


ブログランキングに参加しています。下をクリックして応援していただければありがたいです。


人気ブログランキングへ

新型コロナウィルスの感染状況が少し落ち着いてきていることから、世界各国、制限措置を徐々に緩和する動きが出始めていますね。

カナダでも同様で、州によって制限解除の内容は違うものの、カナダ国内の半数以上の感染者を出している東部ケベック州でも、モントリオール以外は店舗営業が再開したり、学校は手洗いやソーシャルディスタンスなど感染予防ルールを守りながら5月25日から再開、小学校や幼児施設は希望者のみ受け入れで再開となっています。

バンクーバーがあるブリティッシュ・コロンビア州は、5月中旬から経済活動の制限を徐々に解除し、一部店舗も営業再開させる動きがでています。

カナダに留学することを検討されている皆様にとって、一筋の光が見えてきた印象です。

今後、カナダ入国停止措置の解除、学校休業の解除が早く始まって、留学再開となることを願っています。



カナダ留学の現地エージェント
========================================
のびのびカナダ留学 ノビックカナダ
【問い合わせ先】
E-mail: info@nobiccanada.com
Website: www.nobiccanada.com
========================================


ブログランキングに参加しています。下をクリックして応援していただければありがたいです。


人気ブログランキングへ

グラウスマウンテンが5月8日から山開きしたということで、17日の日曜日、ハイキング仲間とグラウスマウンテンに行きました。

年間10万人が訪れるという、人気のグラウスマウンテン。ダウンタウンからはシーバスでノースバンクーバーのロンズデールへ渡り、236番のバスに乗り換えて終着停車地の登山道入り口まで行けます。他にもバスで橋を渡って、乗り換えて入口まで行くルートもあります。

今回はグラウスを1時間~1時間30分くらいかけて登った後に、そのまま2時間くらいかけてゴートマウンテンまで行く行程です。

朝10時にグラウス登山道口のスタバに集合。
Grouse2
今回集まった10人のうち6人が留学生でした。7人が初対面だったので、あいさつして登山開始。
Grouse1
階段が整備されていますが、最初から最後まで平たい箇所はなく、登り坂が続きます。日頃の運動不足もありますが、私にはタフなコースです。途中何度も休みながら、やっと頂上に到着しました。

頂上の休憩所で、持ってきたおにぎりを食べてしばらく休んだ後に、グラウス頂上からゴートマウンテンへ。
途中、まだ雪が残っていました。
Goat Mtn1
朝曇りだった天気も頂上に近づくにつれ、良くなってきました。
Goat Mtn2
ゴートマウンテン頂上からの景色
Goat Mtn Top
下山は登りの半分の1時間。グラウス頂上に到着後、ゴンドラに乗って下山しました。ゴンドラ(Skyride)は$10です。






ブログランキングに参加しています。下をクリックして応援していただければありがたいです。


人気ブログランキングへ





 

近所のウォークインクリニックに行ってきました。

ウォークインクリニックは、予約なしで受診できる医療機関です。予約なしとは言っても、当日事前に電話すれば、何時くらいからは空いていると言って予約を入れてくれます。

北米では家族それぞれファミリードクターをつくって、病気になればまずそこに行き、症状によって専門医を紹介してもらうのが一般的です。
私の住んでいる市は現在ファミリードクターの数が少ないため、いつもウォークインクリニックに行っています。
毎回ドクターは違いますが、以前に受診したときのデータは保存されているようで、特に不便は感じていません。

今回、ドクターに血液検査の依頼をしました。1年に1度、血液検査はするようにしています。いつもは血液検査のみですが、今回のドクターは、血液検査に心電図検査と便潜血の検査も追加してくれました。

カナダの医療はアメリカと違って、日本と同様に国民皆保険制度です。
保険証 ( BC州の場合、BCサービスカード:毎月一人45ドルくらいの保険料 )  をもっていけば特別高度な医療以外は無料で受診できます。

今回の検査も無料でした。但し、歯科と処方薬は有料です。





ブログランキングに参加しています。下をクリックして応援していただければありがたいです。


人気ブログランキングへ




↑このページのトップヘ